東京で永代供養墓を持つ

category01

少子化の昨今、墓じまいがひとつのブームとなっています。後継ぎがいない夫婦が永代供養墓を考えるパターンが多いようです。

東京から高野山真言宗の情報をご提供しています。

その際、東京以外のたとえばかなり遠い地方の方に先祖の墓がある場合、そのご先祖様のお骨をどうするのかというのは悩ましいところです。また、お寺との付き合いというのもとても大変で、どのようにお寺と付き合っていけばいいのかというのが、若い世代にはわからずそれを伝えていく人たちがどんどんいなくなってきます。

また新たに東京のお寺に檀家としてというのは、なかなかむずかしく、また東京のお寺は葬儀や法事などお寺にどのくらいのお金がかかるのか明瞭でないことが多いものです。

Yahoo!ニュースの情報サイトが便利です。

その点、東京にある永代供養墓を調べていくと、駅に近く、ビルのようにきれいな施設、年会費やその他の費用が明瞭、お参りもしやすいということで人気が集まるのも必然といえるでしょう。

たとえば若い人たちが気軽に仕事帰りに寄れるというような感覚で墓参りができるということです。
お寺とはずいぶんと異なったたたずまいで、すべてがシステム化されています。

永代供養墓は後継ぎがいなくても、ほぼ永久に供養をしてくれるという保証がありますから、田舎の墓じまいをしてすべてを東京の永代供養墓に移してしまえば、最後の墓守が亡くなったとしても、とても安心なシステムです。

最近は、かなり古いお寺でもその一部を永代供養墓として前面に出して営業活動をしているところもあります。



生活のコツ

category02

日本は、現在の年間死者数が2040年には165万人を超えると推測されており、約44万人の区民を抱える新宿区では更なる墓地不足や墓地の高騰が大きな問題になるとされ、永代供養墓への関心が非常に高くなっています。新宿区には、墓地や霊園が50箇所前後と1年間に亡くなる区民全てに墓地を割り振る事が出来ず、営利性の無い公営型墓地の募集は非常に稀なのが現実です。...

subpage

生活のテクニック

category02

以前であれば、日本ではお墓は長男から長男へ受け継ぐものとされており、子供や孫など代々管理をして維持して行くものとされてきました。しかし、今日では核家族化や子供さんのいない家庭などさまざまな家庭環境があり、自分の家の墓を維持するための人がいないというケースも増えています。...

subpage

おすすめ情報

category03

永代供養墓は、日本有数の繁華街や超高層ビル群を抱え、慢性的な墓地不足や墓地の高騰が大きな社会問題となっている新宿区では関心の高い葬送方法です。新宿を始めとして東京都は、高度成長期に集団就職した団塊の世代が非常に多く、出身地域に根付く宗教儀式の意義や慣習を継承していない為に先祖信仰に起因する墓制継承への意識が希薄な傾向が強いとされています。...

subpage

生活の重要知識

category04

日本の人口も近年東京などの都市部へと集中化が進みつつあり、田舎のお寺にある先祖代々つたわるお墓参りなどへ行く機会も減少してきました。そんなときに検討できることは、東京など現在お住まいの地域のお寺へお骨を移し(改葬)、その後、お寺へ永代供養をお願いするパターンです。...

subpage